家族や旦那、奥さん、会社にばれない消費者金融

出来れば消費者金融でお金を借りている事はバレたくないもの

消費者金融でお金を借りる場合は通常は奥さんや旦那さんなどの家族には内緒で借りるものです。

 

 

家族にばれたら、やっぱりもめることが多いですからね!

 

消費者金融は最近はクリーンなイメージになってきましたが、やはり昔ながらの「サラ金」の悪いイメージは引っ張っていると思います。

 

 

だから、どんな人でも『消費者金融で借金をしているんだ!』・・・・・なんて友人や知人に言った日には、、、、『えっ!?マジで!!』となるし、奥さんや旦那さんなど家族の人が聞いたら『あんた何でこんなところで借金をしているの!!』と夫婦ケンカの原因にもなってしまいます。

 

 

 

また会社の職場でもまた然りです。

 

会社の社長や上司、同僚などに消費者金融でお金を借りている事がばれれば、少し気まずくなります。

 

 

 

会社の職種によっては消費者金融でお金を借りているという理由だけで警戒されるし、敬遠されることもあります。

 

またリストラの対象になることもあります。

 

 

 

銀行や警備員など人の財産やお金を管理する業務ではお金に困って消費者金融で借りている人は疎まれるのは当たり前です

 

 

そんな訳で、、消費者金融でお金を借りる場合は何が何でも家族や知人、職場には知られたくないしバレたくないものです。

結構、消費者金融で借りている事が家族や職場にばれてしまうもの

消費者金融は出来れば家族や仕事場などで誰にもばれずにお金を借りたいものです。

 

しかし、現実はどうでしょうか?

 

 

秘匿性の高そうなサービスの消費者金融も結構他人や家族にばれやすくなっております。

 

本来内緒でコッソリお金を借りれるのが消費者金融の醍醐味ではありますが、実際は法律上の規制もあって家族にばれやすい仕組みになっております。

 

 

 

だから消費者金融でお金を借りている事を奥さんや旦那さんにバレて、家族がもめるというケースが多々あるのです。

 

または、会社、職場には知られたくないのに消費者金融でお金を借りている事がバレて知人や同僚、上司、社長などに「アイツは消費者金融でお金を借りているぞ・・・」と陰口を叩かれることも多々あります。

 

 

 

特に最近ではインターネットキャッシングが普及してきました。

 

昔みたいに「サラ金業者」のお店に直接借りに行くよりも、パソコンやスマホでこっそりお金を借りる方が家族などにばれやすくなっているんです。

 

 

ではなぜ、家族にばれてしまうのか?

 

 

これは金融法の法律上の仕組にあります。

 

 

法律上では消費者金融でお金を借りた場合、借り手に必ず契約書や明細書を発行して借り手に渡さなければなりません。

 

つまりインターネットでキャッシングの申込みをすると「契約書」や「明細書」が自宅に郵送されてしまうのです。

 

 

 

また最近ではキャッシングカードなども自宅に郵送されます。

 

これらを奥さんや旦那さんなどの家族に見られた日には・・・・・「アンタこれは何!?」となるのは必定です!

 

 

 

昔のように直接、消費者金融の店舗に訪れて融資契約をすれば問題ありません。

 

店舗で契約すればその場で契約書や明細書、カードなどを受け取れます。

 

 

 

しかしインターネットのキャッシングの場合はそうはいきません。

 

自宅に契約書やカード、明細書が送られてしまいます。

 

 

 

インターネットキャッシングの普及で便利な世の中になった反面、「家族にばれやすい」というリスクも高まってしまった今の消費者金融。

家族(奥さんや旦那さん)にばれないで消費者金融で借りるには

会社の職場にばれないで消費者金融でお金を借りるには?