職業別で利用できる審査の甘い消費者金融

職業別で借りやすい、利用しやすい消費者金融会社

消費者金融は基本的にどこの会社も審査が甘いものであります(会社によって多少の難易度は異なりますが・・・)

 

 

どこも審査の甘いのならば自分の好きな消費者金融会社を選んで申し込めばそれでOKですし、自分にとって金利が安くてお得だと思う消費者金融を比較した上で選べば良いと思います。

 

 

しかし、それでもやはりある職業によって借りやすい、利用しやすい消費者金融会社もあれば、ある職業では借り難い、審査に通りにくい、利用しにくい消費者金融もあります。

 

 

この事に関してはあまり気にし過ぎる必要も無いのですが、いざ消費者金融からお金を借りようと申し込んだら敢え無く審査に落ちてしまい借りれなかった・・・という無駄と無念をしない為に予め自分の職業で借りやすい消費者金融を選んで申し込んでみましょう!

 

 

また、どこの消費者金融業者に申し込んでもなかなか審査が通らない人は消費者金融の審査が通らない原因を参照して見て下さい。

正社員や公務員は消費者金融の審査では有利か?

消費者金融の審査で最も重視している点は「返済能力」です。

 

 

つまり、『この人は返済能力があるな』と判断されれば審査に通りますしお金を借りる事もできます。

 

 

 

個人信用情報も大事で消費者金融の審査結果に影響を及ぼす要素ではありますが、それでもややり、現在の返済能力が一番大事と言って過言ではありません。

 

 

 

さて、消費者ではこの返済能力はどこで判断をするのかと言いますと、「収入の安定性」です。

 

 

つまり「毎月コンスタントに安定した収入があるのかどうか」・・・・・と言う事です。

 

 

 

ここで勘違いしてはいけないのが「収入の多さ」ではなくて「収入の安定性」です。

 

 

 

いくら単体月で収入が多くても毎月不安定だと消費者金融の審査では高く評価されません。

 

水商売の人が高収入なのに消費者金融でなかなか借りれないのは収入が安定していないからです。

 

 

 

そんな訳で、公務員や正社員のサラリーマンは収入の安定性は抜群です

 

どんなにダメ人間でも、バカでも仕事が出来なくても、毎月決まった固定給が貰えます。

 

 

 

消費者金融会社は、収入の多さよりも安定した固定給を重視します。

 

だから、たとえ月収が税込み毎月18万円しかない人でも、正社員のサラリーマン、公務員という理由だけで消費者金融ではそれなりに評価されて審査も通りやすくなります。

 

 

 

また、まともな会社に勤めている正社員の方や公務員はバカな事ができません。

 

彼らは社会的信用や対面を気にします。

 

 

だから、自己破産や債務整理などの恥ずかしいマネは何としても避けたいという気持ちがあるので、毎月キッチリ借金の返済をします。

 

こういう点でも正社員のサラリーマンや公務員は消費者金融の世界では大変評価されるのです。

アルバイトやパート、派遣社員などの非正規雇用者は審査が通りやすいか?

正社員のサラリーマンや公務員などの正規雇用者に比べて、アルバイト、パート、派遣社員などの非正規雇用者は消費者金融の審査が少し不利なのは否めません。

 

 

消費者金融会社は審査では「収入の安定性」を重視します。

 

 

 

従って、収入の安定性が欠ける非正規雇用者(アルバイト、パート、派遣)などは、正規雇用者の顧客よりも低いスコアリングで審査を行います。

 

 

ただ、これも『アルバイトだから審査が通らない」とか「アルバイトだからお金が借りれない」という訳ではありません。

 

 

 

アルバイトやパート、派遣でも十分に審査が通りますし、お金も簡単に借りれるのが現実であり普通です。

 

正社員や公務員よりも「審査に落ちやすい」、借りれる金額が少ない」というだけです。

 

 

 

アルバイトやパート、派遣の人でも収入の安定性を証明できれば消費者金融でお金が借りれてしまえるのが現実。

 

収入の安定性は「収入証明書」を提出することでOKです

 

 

 

アルバイトの人でも正社員並みに稼いでいる人もいますし、勤続年数が長い人もいます、また国民健康保険ではなく、健康保険を取得しているアルバイトやパート、派遣の方もいます。

 

これらの人達は消費者金融の審査が通りやすいです。

 

 

 

また最近では銀行系の消費者金融でも、大手、中堅、中小でも「アルバイト、パート、派遣の方もOK」と表記されているところが増えました。

 

 

これは正にアルバイトやパート、派遣の方でも借りれますよと言っているようなものですね(笑)

 

 

 

ところで、アルバイトでも借りれる消費者金融はこちらで取り上げております

 

参考にしてみて下さい

自営業者でも消費者金融の審査は不利?

自営業者は正社員、公務員よりも消費者金融の審査では不利です。

 

 

いや・・・・それどころか下手をしたらアルバイトやパートの人よりも審査が不利な場合もあります。

 

 

なぜならば自営業者は収入が不安定な職業だと消費者金融からみなされているからです。

 

 

 

アルバイトやパート、派遣の人はとりあえず職場に勤めていれば毎日時給、日給という形で給料が確実にもらえます

 

 

 

しかし自営業者の場合は、誰かが固定給料をくれるという訳ではありません

 

自力で稼いでいかなければならないのが自営業者の厳しいところ。

 

 

 

時には事業が成功して沢山のお金が稼げる事もありますが、毎年安定して稼ぎ続けられる保証はありません。

 

時には無収入の月もあるでしょうし、何カ月も無収入の時もあります。

 

 

 

更に最悪の場合は事業が破たんし、会社が倒産するリスクも高いのが自営業。

 

 

 

収入の多さよりも収入の安定性を審査で重視する消費者金融会社は自営業者には低いスコアリングで審査を行います。

 

通常のサラリーマンや公務員よりも不利な審査で。。

 

 

 

ただ、自営業者だからといって消費者金融ではお金が借りれないという訳ではありません。

 

自営業者の人でも審査に通る人もいれば、実際にお金を借りれている自営業者は沢山います。

 

 

 

つまり自営業者も収入の安定性を証明できれば審査が通りやすくなります。

 

安定収入を証明するには「収入証明書の提出」が有効です。

 

 

 

毎年、安定した年収を「源泉徴収票」などで証明できれば、『この人は自営業者だけどサラリーマン並みに安定した収入があるな』と消費者金融会社から評価されて審査も通りやすくなるでしょう。

 

 

 

また事業年数が長い自営業者も収入が安定していると判断されるので、消費者金融の審査に有利です。

 

審査に受かるには、、最低でも2年以上の事業年数は欲しいところです

専業主婦は消費者金融で借りれるのか?

消費者金融の融資でよく話題になるのが、、、、「専業主婦の方がお金を借りることができるのか?」という事です。

 

 

最近の時代を反映しているのか、専業主婦の中でもお金を借りたい人が沢山増えてきております。

 

 

 

それはなぜかと言いますと、、、、、

 

 

「旦那さんの給料が減ってきている」

 

 

「住宅ローンの支払いが大変で毎月の現金が足りない」

 

 

「子供の教育費などにお金がかかる」

 

 

「毎月の生活費が足りなくなることがある」

 

 

「月末の色々な支払が迫ってきている」

 

 

・・・・・・これらの金欠時に現金が必要になり「お金を借りれないだろうか?」と消費者金融やカードローンを探し求めているのです。

 

 

 

しかし、実際に専業主婦の方が消費者金融でお金を借りれるのか?

 

 

法律改正により専業主婦は消費者金融で借りるのは困難になった

 

 

昔は専業主婦の方でも消費者金融で気楽にお金が借りれた時代がありました。

 

 

 

しかし近年では法律の改正が行われて専業主婦の方が消費者金融でお金を借りるのは困難となりました。

 

 

 

それは何故か??

 

⇒後さき考えずにお金を借りまくる専業主婦が増えた事

 

 

⇒専業主婦の多重債務が社会問題化したこと

 

 

⇒専業主婦の金融事故トラブルなどが多くなった事

 

 

 

もともと収入の無い専業主婦が消費者金融で何件も借りまくれば当然、金融事故やトラブルにつながる事が多くなります。

 

国はそれを防止するために法律を改正しました。

 

 

 

法改正後は、無職・無収入の専業主婦の方が消費者でお金を借りる為には「旦那さんの同意書」などが必要となりました。

 

 

しかし、本来は専業主婦の方は家族や旦那さんに内緒でお金を借りるのが普通です。

 

 

 

従って旦那さんの同意書が必要となると、消費者金融でお金を借りたくても借りれません。

 

 

だから消費者金融では実質、『専業主婦は融資不可』となってしまいました。

 

 

 

専業主婦が内緒でお金を借りるには、どうしたら良いか?

 

 

 

1)週に3回でもいいからバイトやパートをする

 

要は毎月の安定収入さえあれば良いわけですので、少しでもいいからバイトをすれば、そのアルバイト収入に応じた融資枠で消費者金融からお金を借りることが可能です。

 

 

 

2)総量規制対象外の銀行ローンで借りる

 

実は、法律の抜け穴で専業主婦の方も無担保・無保証人でお金を借りれます

 

 

勿論、家族や旦那さんにもばれずに借りれます

 

 

それは、「総量規制対象外の銀行カードローン」を利用する事です。

 

 

消費者金融では無職の専業主婦の方はお金を借りる事はできませんが、実は同じ無担保・無保証人で借りれる一部の銀行カードローンは専業主婦もOKなんです。

 

 

しかも消費者金融よりも安い金利で!!

 

 

最近では「総量規制対象外の銀行カードローン」と呼ばれて密かに主婦の方に人気です。

 

 

「灯台もと暗し」で消費者金融よりもお手軽に借りれる銀行ローンが身近にあったんですね??

 

 

ちなみに専業主婦でも借りれる消費者金融はこちらでご紹介しておりますので是非参考にして下さい

 

 

 

おまとめローンならば専業主婦もOK

 

 

複数の借金を一本化できる「おまとめローン」

 

 

あなたも「おまとめローン」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

 

 

その「おまとめローン」も実は総量規制例外のローンで専業主婦でも利用が可能です。

 

 

 

つまりおまとめローンは借金の軽減を目的とした借り換えローンですので、「借り手に不利にならないローン」という位置づけになります。

 

 

「借り手に不利にならないローン」であれば総量規制例外のローンの範囲に含まれるので専業主婦も利用が可能なんです。

 

 

ただ、おまとめローンは複数の借金の借り換え目的のみにしか利用が出来ません。

 

 

 

生活費や遊行費、学費、ショッピング目的では融資は受けられません。

 

 

 

既に他社のキャッシングから複数借りていて返済が大変でお困りの方のみ利用できるのが「おまとめローン」です。

 

 

無職や年金受給者は消費者金融で借りれるか?

無職者が消費者金融で借りれるか?

 

 

消費者金融の世界では無職の人がお金を借りれるのは極めて難しいといえます。

 

 

毎月の固定収入の無い無職者はまず審査に通らないと思っていいでしょう(闇金の場合は別ですが・・・)

 

 

 

現在、無職でどうしてもお金を借りたいと思っている方は、週3回〜でもいいからパートやアルバイトを始めた方がよいといます。

 

 

週3回でもアルバイトをやっていれば消費者金融の審査はグッと通りやすくなります。

 

 

 

なぜなら銀行系や大手の消費者金融でも「アルバイトやパートもOK」だからです。

 

 

ちょっとでもアルバイトをしているだけで、審査の評価が全く違ってきますので、お金を借りたい方は、軽いお手軽なバイトでもやると良いでしょう。

 

 

 

年金受給者は消費者金融で借りれるか?

 

 

無職・無収入の人は消費者金融ではまず借りれないですが、年金受給者の方はどうでしょうか?

 

 

年金受給者の方は同じ無職でも無収入ではありません。

 

 

 

生きていれば毎年確実に固定収入が入って来ます。

 

 

現在年金を受給している方は下手なアルバイトをやっている人よりも収入が多い年金受給者の方もいます

 

 

将来はあまり年金は期待出来ないと思いますが・・・

 

 

実は、年金受給者の人は、かろうじてセーフで消費者金融でお金を借りれることもあります。

 

一応収入があるので・・・。

 

 

実際に口コミ情報なども見ると年金受給者の人が大手の消費者金融や銀行系の消費者金融で借りれたという報告をよく目にします。

 

なので、年金受給者の人でも借りれる人はいることは事実です。

 

 

 

 

余談ですが・・・・クレジットカードの世界でも年金受給者の人が審査に通りカードを取得できた事例を沢山聞きます(消費者金融以上に事例が多い)

 

特にクレジットカードのショッピング枠のみであれば年金受給者の人も結構審査に通っています

 

 

 

ただ注意すべき点は年金受給者でも消費者金融の審査に通り借りれる事はありますが、年齢の問題で審査に落とされる人もかなりおります。

 

消費者金融を利用できるには年齢制限があります。

 

 

 

消費者金融会社によって異なりますがだいたい65歳くらいが限度です。

 

なかには「69歳まで」という消費者金融会社もありますが、大抵は65歳までです。

 

 

 

年金受給者の方は高齢者が多いので、いくら年金収入があっても年齢がネックで審査が厳しくなります。

 

 

現在65歳未満の年金受給者の方でどうしても消費者金融でお金を借りたいなら、一度申し込んでみるのも良いでしょう。

 

ただ、あまり無理をしてはいけません。

職業別で利用できる消費者金融記事一覧

アルバイトでも借りれる消費者金融

あなたがもしアルバイトで消費者金融からお金を借りたいと思っているならば、私に2〜3分の時間を下さい!それだけで、あなたはどんなに審査に不利なアルバイター、フリーターであっても、きっとお金が借りれる消費者金融が見つかります。消費者金融でお金を借りたいけどアルバイトという不安定な立場の為に審査を断られた...

≫続きを読む